お問い合わせ

喜治塾ニュース・トピックス

自己PR

自己PRをしなければいけません。
真面目で「いい人」ほど苦手だと思います。

口ばかりで、大風呂敷を広げ
いろいろと面白いアイディアは言うけれど
結局、最後、後始末は周りが迷惑させられている・・
という人でもない限り、
なかなか自分のことをアピールするなんて上手にできるわけもない。

だから難しい。

でも、面接官は、あなたか自身から聞き出すしかないので
聞くのです。
書かせるのです。

では、どうするか?

提案があります。

自分のことは難しくても
人のいいあなたは、きっと、他人のことなら上手にできるはずです。

あなたの同僚の誰かをひとり選んで
その彼をアピールすることをやってみましょう。
できれば、あまり目だ立たない、普通の人を選んでください。
(選ばれた人、ごめんなさい)

for example

彼にはびっくりさせられたことがあります。
この企画がスタートする時でした。
いくつもの課題があり、もうやめようかというとき
彼だけは、なんとかならないかとひとり黙々とデータを探しているのです。
あそこで彼の踏ん張りがなければこの企画は実はスタートしていなかった。
いつも黙々と仕事をこなしていて、仕事に対して情熱があるのかないのか
よくわからない人だなあと思っていたのですが
みんなの意見もすごくよく聞いていて
それらをどう実現するかを一生懸命に考えていたんですね。
・・・・

そして、

今度は、それを「自分」でやってみるのです。
おなじことを自分で何か探せないか、

商品PR会議をやっているつもりで
一生懸命にやってみてください。

東京都キャリア活用試験の人は
6月30日までに申し込みをしなければなりませんから
この週末きちんと時間をとってやってくださいよ。